【日々パーマ】似合わせ




誰しもが人生初のパーマがあったはずです。

それが、思ったより強すぎたり、逆に弱すぎたり…

だから、パーマする方はいつもより力みます(笑)

さて、今回モデルさんのサトーさん。

人生初のパーマという事でございます。

ビフォー


どストレート。

カウンセリング

パッと見た感じ、このようになります。

分け目の問題と、毛先のかかりづらさと、ダメージ。

今回、一番ネックなのが、猫っ毛なので、ウェーブが出づらいというのと、ダメージが受けやすい

ここを考慮して、取りかかります。

カット

見た感じ、お分かりと思いますが、毛先の丸の部分

ここが、軽すぎる(セニングで取りすぎている)状態のままパーマをすると、パサパサ、ないしは、ウェーブがだれて見える為、厚さを出す為、ブラントカットで切り込みます。

【カット完成】

パーマ

今回は、比較的ウェーブをつけたかったので、コールドでかけていきます。

システアミンのつけ巻きで放置5分で充分カールが出ます。

ここで注意なのは、付け巻きの場合

最初に付けた1液と最後の1液とのタイムラグを出来る限り埋める為、ワインディングは10分以内が理想

ロットアウト

水洗後

フィニッシュ

これで完成なんですが

実は今回、パーマの質感をよりよく見せる為、2種類のスタイリングしたスタイルを見比べてみたいと思います。

まずは

プロダクトWax

これで

【メリット】

・クッキリとしたリッヂ感が出ない分、柔らかなウェーブを表現する事が出来る。

・ベタつく事がないので、手で触っても操作性が良い。あと、匂いが柑橘系なので良い。

【デメリット】

ウェーブ感じが欲しい場合は、物足りない。

proistムース

これを使うと

【メリット】

・これは、数あるムースの中でも、とにかくベタつかない。

・ウェーブがみずみずしく表現出来る

【デメリット】

・一度、水スプレーを付ける必要がある

では、見比べてみます。

【フロントシルエット】

【バックシルエット】

おぉ…、なんとも分かりやすい。

パーマは何のスタイリング剤を付けるのか?で、かなり印象が違ってくるという事が分かったと思います。

今回、個人的な意見としては、髪質に合っていたスタイリング剤はproistムースでした。

雰囲気にもマッチしていたし、何よりモデルさんが一番喜んでいたので、それが正解かなと思います(^ ^)

参考にしていただけると幸いです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

押してよね