14年目の接客

考え方

接客について思う事

自分は、当時アシスタントの時期、女性と喋る事が出来ない人で。

[ad#co-1]

そんな自分も美容師歴14年を迎えまして、それなりに女性と喋れるようになりました。

そんな長くやってりゃ当たり前です。

接客サービス業の中でNo. 1

美容師は接客業の中で、最も長い時間接客する仕事として知られています。

だからこそ、最も神経を使わなければならないと思うし、常にレベルを上げなければならない。

そもそも接客にレベルってあるの?!

接客レベルの計り方

もちろん、これ数値で表す事が出来ない。

盛り上がったから言いわけでもないし、喋らなさ過ぎても問題あるだろうし。

お客様が笑顔で楽しそうにしてたり、リラックスしてる表情や仕草をしてれば満点なんでしょうねきっと。

そのくらい線引き出来ない空気のような物だと思ってます。

だからこそ、お客様を満足させた数でしか測れない、非常に地道な努力が必要。

それをどう後輩に伝えるか?

正直、接客に完璧なマニュアルなど存在しないと思ってますから、こちらもかなり本気でこまめなバックアップが必要と思っています。

野放しは危険

ただ、接客も1つの技術と思ってますから、当然、野放しするつもりもありません。

もちろん、僕自身も直さなければならないところがあります。100点満点ではありません。

だけれども、お客様の立場になって考えた時、「ん?おかしくない?」には気付くことは出来ます。

そうやって切磋琢磨して磨いていく、非常に泥臭いもの。

だからこそ面白いし、やりがいがある。

間違いが存在しない世界

学校のテストなどは、間違いと正解がハッキリ分かれています。

しかし、接客においては、絶対的な間違いというのはありません。

良かれと思って言った事が相手(お客様)を傷つける事になる可能性だってあるだろうし、その逆も然り。

たまにこんな事も

僕がアシスタントに「さっきなんで喋らなかったの?」と指摘しても

「え?喋らないで下さい」という空気を放ってたので喋りませんでした。

と、アシスタントに言われたらそれはそれで正解だったという事もあるでしょうからね。

反論大歓迎

例えば、僕の思惑通りに接客してくれなかったとして、それをアシスタントに言って。

それに対して、自分の考えがある場合は反論すべき

そのくらいの勢いでやってほしい。
結果的に命を削ってやってる訳だからね。

ほんと。

お互い頑張りましょう。

…という事で、今日の個別ミーティングの全容。

[ad#co-1]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こんなに上がるものなの?

考え方
仙台 エトネ たかが美容師 されど美容師™️