グレイカラーの進化

カラーリング

グレイカラーの進化

私は、過去に、白髪染めのお客様が1日に30人程来店される美容室に勤めていた過去があります。

[ad#co-1]

その頃に感じていた事は

( ´ー`)。о「カラーの色味がワンパターンだな…」と、感じていて、

生意気にもそんな事を考えながら仕事していたのです。

それで、僕がとった行動が、スタイリストのカラーの調合を勝手に変えてしまう
という暴挙に出たのです。

僕的には、色々な色にお客様の髪を変えてあげた方が喜ぶだろ!と、アシスタントながらに考えたわけです。(今、それをされたらすぐバレるよ笑)

しかしどうでしょう…

色味があまり変わらないのです。

その頃からアッシュやグレーカラーは存在していたので、いつもの白髪染の薬剤に調合しても赤茶色は赤茶なのです。

そんなお手上げだった時代を思い出します。

一方、現在は。

イルミナカラー、アディクシー、アプリエを取り揃えてる現状。

正直、このカラーがあれば今の所とても怖いものなし。

例えば、今日のお客様。

白髪率が30パーセント〜40パーセントでも

(白髪率の参考画像)

ここまで多くはありませんが、比較的多めの白髪率です。

仕上がり

この位

綺麗に入る訳です。

それもアッシュで。

引きで見ると

グレイアッシュで白髪染とか、昔から色々な白髪染見てきましたが、ここまで綺麗に染まるとなると自信がつきます。

白髪染とおしゃれ染めの区別

これがつかないお客様が未だに多数いらっしゃいます。

それはつまり、希望の色になりづらいという事。

何故なら、お客様が白髪染めしたいとなったら大体白髪染め用の薬剤を使うから。

…ですので、そのように、白髪染で希望の色にならずに困ってる方、これからも喜んで頂きたいと思っております。

[ad#co-1]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

カラーリング未分類
仙台 エトネ たかが美容師 されど美容師™️