スポンサーリンク

美容室で喋りたくないというケース

サロンワーク
スポンサーリンク

美容室で喋りたくない人ってどのくらいいるのか?

人間誰しも、喋りたくない時あると思います。

[ad#co-1]

美容室は基本的に喋りあって当たり前と思われていると思いますし、「喋らなきゃ…。」と、思って喋る方もおられると思います。

そこで今回、そんな美容室トークについてネットで調べてみました。

実際、喋らないお客様はどうやって過ごしているのか?

こんなに視線を合わせてくるお客様はこんな悩み出ないと思いますがw

夜勤明けで疲れてるお客様や、気分が乗らない時、あると思います。

実際、私が関わらせていただいてるお客様で、喋りたくない方の場合は、ホットペッパービューティーで静かに過ごしたい、という要望をお選びになられています。

それ以外で、会話を阻止する術としては

①目をつむる。

②雑誌をしっかり読んでます感を出す。

③質問に対しての返事は「えぇ、まぁ。」とそっけない。

コレぐらいでしょうか?

世論調査

実際のところどうなのかをネットで調べてみましたところ…

まぁ、美容師の会話スキルもある程度影響すると思いますが、そのようですな

カット中の会話

まぁ、カウンセリングは必須としても、髪に関わる会話をメインにしたいものです。

無言の時間

黙々と作業していると、突如として訪れる無言の時間。

アンケート調査の結果

耐えられるか、耐えられないかの2択ってのが、ちょっとツッコミどころではありますが、まぁ、皆さん耐えられるようです。

しかし、心地良いよのかどうかは別というのはあると思います。

上記は全てテレビリサーチ会社からの転載

まとめ

お客様が喜んでもらえるようにする為に会話が必要なのであれば、するし、必要なさそうならしない。

[ad#co-3]

そこを読むチカラみたいなのが一番大切なんだなと改めて感じました。

アンケートの結果がこれだからと言って、明日からいきなり無言というのも変です、不自然極まりない。

こういうのは、ほどほどに取り入れたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お?!