スポンサーリンク

【レビュー】湯主一條へ還暦祝い。

プライベート
スポンサーリンク

湯主一條(ゆぬしいちじょう)へ行った。

宮城には、有名な温泉が多数あります。

秋保温泉

宮城県秋保|秋保温泉旅館組合公式HP
秋保温泉旅館組合の公式サイトです。観光施設、グルメ、ショッピングなどが検索できます。イベント情報やモデルコースも掲載しています。秋保温泉からおすすめの最新の情報をお届けします。

作並温泉

作並温泉(宮城県)の基本情報|【ゆこゆこ】で温泉旅行・宿探し
作並温泉(宮城県)作並温泉|仙台市街地から車で約30分。そびえ立つ巨大なこけしが見えてきたら、温泉街はもうすぐそこだ。秋保温泉とともに、観光客のみならず地元・仙台の人々も通う「仙台の奥座敷」。山形県との県境近くの山あいに、作並街道をはさんで近代的なホテルから素朴な湯宿までが軒を連ねる。 松尾芭蕉の「閑かさや岩にしみ入...

鳴子温泉

鳴子温泉郷観光協会公式サイト/宮城県大崎市鳴子温泉

蔵王温泉

みやぎ蔵王温泉郷 - 宮城県公式ウェブサイト

 

今回泊まりに行った温泉は蔵王温泉の湯主一條。

 

結論から言うと、非常に良かったです。

是非オススメしたい旅館だったので、結構ガチ目にレビューをしていきたいと思います。

 

外観

 

 

新しさを感じるスタイリッシュな雰囲気があります。

 

玄関の感じはコルビジェを彷彿とさせる外観でした。

 

サービス①

駐車場が少し離れており、送迎車を用意してくれる点が良かったです。

 

 

車では登っていけないぐらい狭いので送迎は予約の時点で必須となります。

 

あと印象的だったのが、部屋を案内してくれる際、「ここまで丁寧に案内してくれるんだ…。」という感想。

 

ディズニーランド張りのご案内でした。

過剰なおもてなしが仇となる事もある。

サービス②

ロビーで受付する際の待ち時間。

そこまで広くはありませんが、綺麗で居心地が良かったです。

いくら短時間とはいえ、重要な点。

茶菓子のクオリティーも高くて満足でした。

予想していないおもてなしだったので印象的でした。

隙間のちょっとした心遣いは記憶に残りやすい。

温泉

温泉の種類は、露天風呂と薬湯と2種類ありました。

露天風呂付大浴場

大浴場すぐ前の洞窟からお湯を引いているのが特徴的。

人がいない事を条件に許可承諾済み。

目の前が自然の森になってるので、マイナスイオンを感じながら入浴することができました。

 

森林の匂いがリラックスさせてくれます。
脱衣所が広くて快適でした。
アメニティーも必要最低限の髭剃りや、クシは準備されていました。
お湯の温度が丁度良く、湯上り後は、肌すべすべでした。

薬湯

1429年開湯し、600年の歴史があるお湯。


露天風呂より狭い感じがしました。

火傷や、リウマチに効くそうです。

薬湯と書いてあったので、お湯の色は緑色?と思いましたが、無色透明なのが意外でした。

 

食事

結論から言うと、味は食べログ評価3.58のお店のクオリティーと同等でした。

黒毛和牛のサーロインは特に絶品

全体的に味は濃いめで好みでした。

特に残念な点が見当たらないぐらい完璧だったと思います。

朝食

和と洋を選べ、バイキングスタイルではなかったので、個人的には嬉しかったです(朝から料理を取りに行ったり来たりしたくない)。

 

朝から笹かまぼこを火で炙れるとは思いませんでした。

 

今回は、妻の母親の還暦祝いで利用させて頂きました。

大人数でも、周りを気にすることなく食事を楽しませてくれるように部屋を手配してくださったり、

映像を使うサプライズにも協力していただいたりと、細やかなサービスに感動させて頂きました。

 

記憶に残るサービスでした。

その他気になった点

浴衣を選べる点

有料で、花柄のの変えることができるそうです…。

barがある点

お酒好きの方にはいいと思います。

卓球台が用意されている点

1時間540円で借りられます。

家族対抗トーナメントで戦いました。

人数が多くなればなるほど盛り上がります。

まとめ

 

露天風呂付客室と個室料亭が人気の老舗宿 宮城鎌先湯主一條
露天風呂付客室が堪能できる温泉宿。カップル、夫婦、女性同士、一人旅に人気。タイムスリップし個室料亭でいただく森の晩餐。記念日に利用する方が増えている。宮城県での宿泊は鎌先温泉湯主一條へ。

最近、こちらの旅館がテレビに取り上げられており、ホテル関係者の間でもサービスの勉強になる事で有名だと言うのを事前に聞いていた為、ハードルはとても高くなっていました。

見事期待を超える旅館でした。

 

宮城県版ミシュランガイドの三つ星だと言うのも納得でした。

 

また行きたいと思います。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最後に。