スポンサーリンク

塩基性カラーのカラーチェンジってどうなの?

サロンワーク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

塩基性カラーした後のカラーチェンジ

そもそも塩基性カラーとは?

塩基性カラーというのは、カラートリートメントのこと。
分子が大きくて、髪の内側には浸透せず、髪表面に付着し、イオン結合することで色が付く。

※髪の表面のピンクの部分に付着するイメージ。

いざカラーチェンジ

岡野と及川が担当してます。

おわかりいただけただろうか?

そう、しゃくれているのである。

岡野は、真剣になるとしゃくれる習性があるのかもしれない。

てこずる塩基性

なかなか赤が取れません。

これがあれば比較的取れるのかもしれないが、無いのだから仕方ない。

そんなものはしゃくれさせてとるのが岡野流。

仕上がり

結構、赤味が取れてました。

イメージが大分変わりました。

まとめ

・塩基性のカラーチェンジは気を付けなければならないという事。

・カラーチェンジには根気が必要だと言う事。

以上!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

押してくだされ。

スポンサーリンク
サロンワーク
仙台 エトネ たかが美容師 されど美容師™️