スポンサーリンク

宝くじとラーメンとM-1

プライベート

人間の能力の差なんて、微々たるもので…

そこに努力の差で開きが出て…

そこに加えて、努力が習慣になる事で大差になる…

あぁ、1日1日の積み重ねが大事なんだよな。

スポンサーリンク

宝くじ当選する確率は0.00001%

宝くじが当たる確率は0.00001%

0.00001%の確率と言われてもピンときませんが、東京23区の人口が約937万人(2016年10月1日現在)ですので、東京23区に住む人が全員1枚ずつジャンボ宝くじを買っても、1人当たるか当たらないかというぐらいの確率になります。

当たり前の話ですが、宝くじは、購入しないと当たりません。

それと同じで、人も、行動しないと何も起こりません。

その時点では宝くじ当選と行動は同じ。

宝くじに当たる確率と何かを目標を達成する事を比較した時に、

宝くじに当選する確率よりは、現実的な目標を達成しようとする確率の方が明らかに高いよな…という事に気付きました。

例えば…

明日から毎日小説を書くと決めたとして、本を出版出来る確率は、宝くじに当選するよりは確率は高いだろうし、

例えば、明日からお笑い芸人になって、コンビ結成してM-1に出場してグランプリを狙うにしても4600分の1の確率なので、宝くじに当選するよりかは格段に確率は高い訳です。

現に、漫画家の森田まさのりさんは、お笑い芸人ではないにも関わらず、M-1で準々決勝まで勝ち上がったのもYahoo!ニュースに取り上げられていましたね。

だとしたら?

到底無理だと思っていたコンテストでグランプリを取るという事も、無理ではないという事になるな…と。

先日行われたコンテストのセンシビリティでは、確か、70人弱の出場者なので、70分の1な訳です。

確率はかなり上がります。

そう考えたら、宝くじを夢見るよりも、現実を見て着実に毎日コツコツ目標に向かって努力してる方がよっぽど利口だなと。

宝くじ買った事ないけど、そんな事を考えながらラーメンをすすってました。

ちなみに僕は宝くじ反対派ですw

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ここを!